HOME>オススメ情報>ワンルームマンション投資のメリットとは?

ワンルームマンションの投資のメリット

ワンルームマンション投資のメリットは安定収入の確保、不労所得の獲得、生命保険代わりになるといったところでしょうか?

投資前に確認しておくポイント

  • 表面利回りでなく、実質利回りを確認する。
  • 不動産管理会社が信頼できるか評判をよく確認する。
  • サブリース契約を結ぶならその内容をよく確認する。
  • ローンはなるべく低い金利のところを選ぶ。
  • 中古物件を買うならその物件の住民に住み心地などを聞いておく。
  • 新規物件を買うなら周りの住民に住み心地などを聞いておく。
  • 大規模修繕時期の目安は必ず確認しておく。
  • その地域の人口の増減はどうか確認しておく。
  • 近隣のスーパーや学校の閉鎖予定などがないか確認しておく。
  • 周りのワンルームマンションの家賃を確認しておく。

資産形成したいなら早めに始めよう

マンションの模型

ワンルームマンションは他の投資よりも必要額が小さめです。そのため元手が多くない人でも気軽に挑戦できます。毎月安定した収入を得て、ローンも無事払い終われば将来の生活にも使えるでしょう。都心の中古ワンルームマンション1室であれば2000万円ほどから始められます。近年は晩婚化や高齢化により単身で入居する人が増えています。単身世帯は今後も増加が予想されるので、特に都心部であれば優れたビジネスとなります。投資を始めるのはなるべく早いほうがいいでしょう。20代で投資を始めて50代から60代でローンを完済するのが理想です。繰り上げ返済も使えば40代で完済することも可能です。早く始めることで完済時期が早まり、家賃収入が生活の収入となりやすいです。

物件選びが肝心です

マンション

投資を失敗しないためにはなるべく空き室を作らないことがポイントです。入居者がおらず空き室が続けば、賃貸収入がなくなりローンが返せなくなります。重要なポイントとなるのが最寄り駅からの距離です。借り手にとってはワンルームマンションから駅まで徒歩10分で行けるのが好ましいです。都心部は電車通勤が多く、車を運転しない人にとって重要な手段です。スーパーや商店街などの環境が充実していることも大切です。

新築か中古か

案内する人

投資用のワンルームマンションは新築と中古があります。初心者であれば中古物件が始めやすいでしょう。新築よりも安く購入できて高い利回りが期待できます。家賃の高さも大切なポイントです。例えば東京23区であれば10万円以下となる物件の方が入居者が見込めます。10万円以上払える単身世帯が限られてくるからです。